親知らずが痛い・抜きたい

親知らずが生えてきたらまずご相談を

親知らずは永久歯が生えそろった後に、お口のもっとも奥に生えてくる歯。通常、上下4本生えてきますが、まっすぐ生えてくることが珍しいくらいトラブルの多い歯です。理由は、現代人の顎が小さくなってきているから。小さな顎に親知らずが生えてくるためのスペースが足りないため、抜歯が必要となるケースがほとんどなのです。

院長からのメッセージ
  • マークシティ酒井歯科院長 斎藤義章
  • 東急プラザ酒井歯科院長 田邊陽

親知らずのトラブルは多いですね。親知らずが上下でキレイにまっすぐ萌出していることはあまりありません。曲がって生えている場合や、埋もれていることが多いです。そんな親知らずがあると、周りの歯ぐきが不潔になったり、虫歯になりやすかったり。まずは検査を受けて、抜歯が必要なら痛くなる前に抜いてしまいましょう!

親知らずの抜歯にはそれなりの経験が必要です、酒井歯科室では東急プラザ・マークシティとも口腔外科出身のドクターが治療にあたりますので、安心してお任せ下さい。

親知らずを抜く必要があるケース

  • 周囲の歯や神経を圧迫している
  • 横向きに生えている、斜めに生えている
  • 炎症や痛みを引き起こしている
  • ブラッシングしにくく、虫歯や歯周病のリスクを高めている
  • 咬み合わせや歯並びの乱れに影響している

親知らずは、まっすぐ生えていて周囲の歯への影響も少なく、きちんとお手入れできていれば、必ずしも抜歯の必要はありません。しかし、この判断は、きちんと検査してみないとわかりません。親知らずが生えてきたなと感じたら、まずは早めに歯科医院へご相談ください。

お口まわりのトラブルは何でもご相談ください

親知らずの抜歯をはじめとして、さまざまなお口のお悩みに対応できるのが「口腔外科」です。歯や歯ぐき、口腔粘膜、顎、舌、唇などの問題も診療で、例えば、ひどい口内炎が長く続いている場合や、怪我などの外傷の診療も行います。また、根管治療、外科的手術を要するインプラント治療、歯の移植や顎関節症の治療も口腔外科の対応分野です。お口周辺に関するトラブル全般でお困りのことがあれば、まずは当院へご相談ください。

  • ページの先頭に戻る